MENU

飛蚊症 サプリ

 

飛蚊症とは

 

飛蚊症とは、ものを見た時に目の前に黒い影が現れゆらゆら揺れて見え、視野がぼやける病気です。飛蚊症には生理的なものと病理的なものの2つに分かれます。

 

生理的飛蚊症

 

黒い点が1つ2つ目の前を飛び回るというのが主な症状であり、見えたり見えなかったりします。また疲れた時に特にはっきりと見え、若いうちから飛蚊症の症状がある人は、中高年でさらにこの現象が強く現れる傾向にあります。

 

この種の飛蚊症は良性です。硝子体に存在するゼリー状のムコ多糖が単糖に変わって液化し剥がれ落ちます。

 

その結果、基底膜が厚くなり硝子体の皮質の細胞が網膜に投影されるとこのような浮遊物が見えるようになります。これが飛蚊症の原因の約80%を占めます。目の前に蚊が飛んでいるように見える以外は症状がなく、特に60歳以上の近視の人に多いのが特徴です。

 

病理的飛蚊症

 

主な症状は以下の3つです。

 

(1)異常なまぶしさを感じる
(2)短期間で飛蚊の数が増え続けている。
(3)視界が遮られる感覚がある。

 

病理的飛蚊症は一般的に、硝子体付近の網膜や視神経、毛様体などの構造に病変が生じ、硝子体そのものが変質して起こります。

 

これは深刻な眼病の状態であり、硝子体の水晶体の病変によるものが主な病因です。水晶体が濁った状態を白内障と呼びますが、初期は点状に濁り、黒い影が見えます。水晶体は密度が高く、濁った点は目の動きに合わせて移動しその影は目の動きと反対に動きます。

 

以上2種類の飛蚊症の違いを紹介しました。生理的飛蚊症は目に実質的な病変を伴わず、一般的に治療は不要です。対して病理性飛蚊症は病変を伴い、危険な症状が出たときには直ちに治療しなければ失明に至る可能性があります。

 

飛蚊症の原因は近視にあるの?

 

視界にゴミや虫のようなものが常に浮遊して映る、視線を動かしてもついてくるなどと言った症状を飛蚊症と呼びます。その多くは老化という生理的なものとされますが、近視が原因で発症するケースもあります

 

眼球を構成するのはゼリー状の硝子体という組織。これが何らかの原因で濁る、混濁が起こることでその影が網膜に映り飛蚊症をひきおこします。

 

特定された原因がなく、多くは眼球の老化が理由とされます。また打撲など外的原因で眼球内に出血や炎症が起こることで飛蚊症をまねくケースもあります。

 

近視の人はもとより眼病にかかりやすいというリスクがありますが飛蚊症についても同じ。硝子体は本来網膜と接しているためその癒着部分がなにがしかの理由で剥離した(硝子体剥離)場合、硝子体の濁りが発生し飛蚊症があらわれます。

 

強度近視のひとは眼軸が一般の人より長い傾向があり網膜が引っ張られ緊張状態にあります。つまり硝子体にも負荷を強いているわけで、すでに硝子体剥離の土台はできあがってしまっているということ

 

飛蚊症は生理的なものであると大抵、日本では様子見として治療を施すことはほとんどないそう。しかし近視の人が発症した場合要注意。上述の通り、すでにその下地はできあがっている状態であるため、網膜剥離のリスクも高い。

 

単なる飛蚊症と放置せず、眼科で眼球状態を検査してもらい背後になにか病が隠れていないかも事細かく受診することをお勧めします

 

飛蚊症とブルーライトの関係

 

ブルーライトというのは、最近良く聞くとは思いますが、このブルーライトは飛蚊症と関わりがあるのか、そういう点についてしっかりと把握しておきましょう。

 

そもそも目の疲労を感じた場合、それはもしかしたらブルーライトが原因である可能性があります。パソコンやスマホなどを長時間使っている方はブルーライトを浴びている上体にあんりますので、対策としてパソコン用メガネや証明などによってブルーライトをある程度カットすることを考えるようにしましょう。

 

そもそもブルーライトとはなにかというところから説明しますが、これは可視光線の中で一番強いエネルギーを持っている光のことであり、波長が380〜495nmの光のことをいいます。人間が見る光の中で波長が最も短く、角膜、水晶体、網膜まで到達するという特徴があるということをおぼえておきましょう。

 

近年、パソコンやスマホの普及によってあらゆることが便利になりましたが、これらからもブルーライトが発されており、もちろん長時間使用することによって目に非常に大きな負担になっています。紫外線などが目に有害であるといわれていますが、同じような光のエネルギーをブルーライトはもっていますので、同じような負担になります。

 

そして飛蚊症に関してですが、これは存在しない黒い点などが視界に出てくる症状であり、ブルーライトもこの飛蚊症の原因になると考えられています。主に活性酸素が蓄積することが原因とも言われていますので、ブルーライトによって活性酸素の蓄積されてしまい飛蚊症を引き起こす可能性は十分にあります。パソコンやスマホを長時間扱うという方は、適度に目を休ませて飛蚊症対策をするといいでしょう。

 

飛蚊症に良い目薬ある?

 

中高年に多いといわれている飛蚊症についてですが、最近は若い人にもこの飛蚊症が増えてきているといわれています。その理由としてゲームやテレビ、パソコン、スマホなどの普及によって視力低下はもちろん生理的な飛蚊症が引き起こされてしまう場合があります。

 

この飛蚊症になってしまった際の予防や緩和において市販の目薬を使いたいと思っている方もいらっしゃると思いますが、この飛蚊症の原因となっている硝子体の濁りを消すという目具する意というのは販売されていませんし、そもそも生理的な飛蚊症というのは治療法はありません。

 

ただ飛蚊症を放置するというのもいいことではなく、とにかく目薬をさして目の疲れを和らげるということは重要になります。それによって視界をクリアにして目を休ませるということが大事になります。ちなみに飛蚊症の目薬というのは基本的に表面部分に作用しているものであり、硝子体には関わりがないということ覚えておきましょう。

 

つまり結論的に飛蚊症を直接的に改善させるということではなく、ケアとして目薬を使いストレスなどを失くすということを目的として使うといいでしょう。そもそもパソコンやテレビなどのブルーライトで目を日常的に酷使しているという場合に関しては、そういったところから目を離すということも大事になってきます。

 

また、飛蚊症が目の疾患の原因になるということもありますので、飛蚊症の症状が出た場合はとにかく一度眼科で検査をしてもらうことをオススメします。

 

飛蚊症に効く食べ物とは?

 

飛蚊症の原因として老化が原因のものを生理的飛蚊症といいますが、これはもともと抗酸化作用が低下することによって引き起こされます。抗酸化作用が低下すると活性酸素が増えてしまって老化を促進させてしまいます。そういう場合には活性酸素を排出してくれる食べ物を摂取することによって改善する可能性は可能です。

 

では、そういう食品にはどういったものがあるのかということになりますが、大豆、小麦、ゆずがオススメです。これらの食べ物を食べることによって活性酸素を体内から取り除いてくれる効果があります。

 

また、それ以外にもアーモンドもいいといわれており、手軽に食べられるので時間がなかったりする際などには非常にオススメです。アーモンド自体に抗酸化作用があるといわれておりますので、さらに抗酸化作用のある食べ物と一緒に摂取すれば相乗効果を期待することが可能になります。もちろん偏った食生活をすると、他の健康に悪影響が出てしまう可能性がありますので、バランスよく食事をするようにしましょう。

 

また、ビタミンも老化を遅らせる上で非常に重要だといわれている栄養素になります。緑黄色野菜にビタミンは豊富に含有されていますので、カボチャ、人参などβカロテンが豊富に含有されている野菜を積極的に摂取するようにしましょう。ただ、どうしても食事だけで賄うというのは厳しいこともありますので、そういう際にはサプリメントを活用することをオススメします。そもそも飛蚊症の症状が出た時点で一度、眼科に行くようにすることをオススメします。

 

飛蚊症に効くサプリ

 

最近視力が低下する人が増えてきています。外を歩けば小さな子供でも眼鏡をかけてるのを見かけますね。実は、普段から意識的にルテインを取り入れれば目の老化を緩和できるということはすでに実証されています。ではこのルテイン、飛蚊症には効くのでしょうか。

 

ルテインの効能とは?

 

ルテインは、糖尿病による網膜の変形、老眼、仮性近視(疲れ目などによる一時的な近視の状態)、眼精疲労を予防し、また乳癌や肺がんをはじめとするさまざまな癌の抑制効果があると言われています。
他にも冠状動脈性心疾患の発生率を下げたり、皮膚や粘膜組織の紫外線に対する抵抗力を増加させたり、人体の免疫機能を高める効果があります。

 

飛蚊症に対しては?

 

ルテインを摂ることによって、黄斑(硝子体の中の視力に関わる部分)の劣化や白内障の発生を抑制します。また、水晶体の抗酸化能力を高めます。

 

このルテインを維持するのが水晶体に唯一存在するカロテノイド(細胞を保護する色素)と呼ばれます。他に、太陽光線やフリーラジカル(老化を促進する要因)から体を守り白内障の発生を遅らせたもします。

 

ルテインは網膜が光を吸収する際に受ける酸化ダメージを防いで健康な状態を維持したり、眼球の毛細血管を保護する役割を果たします。

 

また重度の近視にも効果を発揮します。重度の近視は後遺症として、失明や網膜剥離、液化した硝子体の増加を引き起こしやすくなりますがルテインはこれらも抑制します。

 

以上の効果により、網膜や硝子体の劣化によって生じる飛蚊症にも十分な効果を発揮すると言えます。抗酸化効果で売られているルテインは、視界をすっきり保つ非常に優れたサプリメントなのです。

 

飛蚊症に効く漢方薬

 

蚊のようなものが常に目の前を飛んでいるように見えるという症状を飛蚊症といいます。この飛蚊症が出るというのは目が疲れていたり老化をしたりすることが原因となります。飛蚊症の症状が出たら目薬をすることで疲れなどが解消されて多少の改善は見込めますが、目薬が直接、飛蚊症に作用するというものではありませんので、酷い疲れなどの飛蚊症となると解消することは難しいです。

 

また疲れ以外の加齢やストレスなどが原因となっている場合は目薬を差したところでなんの改善も期待することはできませんのでどうすればいいのかというと、色々と方法がありますが、その中の一つが鍼灸治療、漢方薬になります。

 

ただ、先に伝えておきますが、鍼灸治療も漢方薬も効果に関しては個人差がありますので、効果が抜群に出る方もいますし、全くでない人もいるということは理解していてください。万能薬ではありませんし、もしそうであれば誰もが利用していると思いますので、万能ではないということを前提として説明します。

 

ではこれらの方法での改善する理由になりますが、鍼灸治療や漢方薬によって血液循環を改善することによって目の疲れが取れるからです。またあらゆる栄養素や酸素が血液循環が改善することで届くということになりますのであらゆる良い効果を発揮することができます。

 

また、効果がある場合でも鍼灸治療も漢方薬も即効性があるという訳ではありませんので、継続的に治療や服用をするということが大切なことになります。

このページの先頭へ